Go to BUILD WELL !! may the imagination be with you...........
s s s s SNOOPY AND WOODSTOCK



レゴ
LEGO
レゴ
レゴ
LEGO
レゴ

1950年、アメリカの主要7新聞の連載漫画に短編のPEANUTSという作品が発表されました。
作者はチャールズ・シュルツ、まだまだ無名の漫画家であった彼はこの作品によって
世界へとその名をとどろかすことになりました。
そうですこの短編マンガこそ、世界中から愛される最も有名なキャラクターのひとつ、
スヌーピーの登場するマンガだったのです。
あれから50年、世界から愛されるスヌーピーのその姿は大人から子供まで全ての人々を
魅了して止みません。
そんなスヌーピーを、等身大の大きさでレゴ化してみました。

さて誕生以来50年の月日が流れていくなかで、スヌーピーもその姿を多様に変えていきました。
アタマの大きさから形、首輪の色、表情、その全てに様々なバリエーションができてしまった
スヌーピーをレゴ化するのは、かなりの困難が伴います。
最も難しいのは「それぞれ個人が持つスヌーピー像の最大公約数で妥協する」
ということが必要になってくるのが避けられないことなのです。
ですからワタシなりに解釈したごく一般的なスヌーピーのスタイルでレゴ製作しています。
それでは各部を見ていきましょう。

snoopyに関する著作権は全てアメリカ UnitedMedia社の管理下にあり、
全ての権利は UnitedMedia社に帰属します。






まずはスヌーピーとウッドストックのツーショットという最も基本的な画像から(笑)
今回製作したスヌーピーは、使用部品は最終的に1,2000個くらいの部品を使用しています。
作業時間は計っていません。もちろんウッドストックは簡単に出来ています。













スヌーピー単体の画像から簡単に説明しますと、基本的な四角いブロックを幾層にも積み重ねて、
それぞれの方向を輪切りにしたような感覚で曲線を表現しています。







さてこれはスヌーピーの秘書にして、親友のウッドストックです。
彼の話す言葉はスヌーピーにしか理解できません。
ウッドストックは全体を基本ブロックで製作してありますが、頭部のトサカ
だけは 6277の小屋の屋根部品を使い、 斜めにベクトルを変換しています。









遂に実現した夢の競演です(笑)マンガの世界では実現できないだけにレゴで競演させてみました。
なお、 製作中のスヌーピーをご覧になりたい方は こちらに画像を置いてありますのでご覧ください(^^)



レゴ
LEGO
レゴ
レゴ
LEGO
レゴ


may the imagination be with you...........
Since 1999, Masayuki Ogura all rights reserved
contact