Go to BUILD WELL !! may the imagination be with you...........
s s s s C62-3 Hokkaido


C62を御存知だろうか?
日本では蒸気機関車史上最速を記録した、大型のSLである。

2000,7/14 新規製作
全くの新しいシャシーから新製しました。以前の物とは完全に別物とも言える出来映えです。
今回のC62はボイラーの幅が5ポッチになっています。そしてランボードの幅が7ポッチ、
つまりこの機関車はなんと幅が7ポッチなのです。
これは太くて強力なC62のボイラーを表現するために新しくとった処理方法です。
また今回のバージョンでは3号機の北海道時代を完璧に再現しています。
前照灯は副灯をつけて2連になり、デカいスノープローも装着されています。
ボイラー関係のディティールは、圧力弁、汽笛、そして今回の目玉たる空気作用管が主な物です。
キャブ関係は、短い手すり、ドア、半開窓、そして旋回窓とヒサシです。
ディティールに関しては正に完璧!
































may the imagination be with you...........
1999, 2000, 2001, 2002, Masayuki Ogura all rights reserved
contact