Go to BUILD WELL !! may the imagination be with you...........
s s s s LEGO Snoopy Project
lego

Building Snoopy!!

スヌーピーの製作、それはまさに忍耐力との戦いです。
まあ基本的に、四角いブロックを積み重ねていくだけなんですが想像を絶する
退屈な時間が流れて行きます(笑)それでは順次解説していきましょう。

一番上の画像は胴体アッセンブリーの製作です。
胴体の大きさをアタマで描き、それに合わせた「ゲージ」を用意します。
難しいのは、ゲージはあくまでも正面からのカットにすぎないのですが、
完成体は3次元体になるために、常にアタマの中でラインや構造を
「設計」していかなければいけない点でしょう。

作り始め

さてさてこの画像は頭部の製作を始めたばかりの画像です。
まるで帽子ですね(笑)
単純に見えるこの段階でさえ、何時間もの下準備の果てに製作されています。

かなり進んだ状態。

徐々に頭部のラインが出てきている画像です。
この段階ではまだプレートによる艤装は終わっていませんので、ラインは基本ブロックだけで
構成されているため、ボコボコですね。

脳味噌半分の位置まで進んだ状態

別に鮮血表現のためではありませんが、内部構造は赤の基本ブロックを用いて補強材としました。
え、狙ってやったんだろうって?
まあ少しはそうなんですけどね(笑)(^^;

頭部の仕上げ中

このあたりまで作ってくると、かなりモチベーションも上がります(笑)(^^;
終わり無き積分に道筋が見えてくる、これは製作しているときに一番嬉しい瞬間ですね。
この後、前後左右に様々な補強材を入れていきますが、まだこの画像では何もいれていないので
珍しい内部の仕組みが見て取れます。

WoodStock

これはウッドストックを製作している最中の画像です。
もうスヌーピーが完成しているので、気分は楽なもの(笑)
しかし黄色の基本ブロックが足りず、最後まで苦しめられました。
メガブロックのウッドストックも見たのですが、滑らかな特殊部品を
多用していたので直接比較は出来ません。
でもやはり積分ウッドストックと名乗る以上は、
基本ブロックで構成されていなければいけませんよね。

今回のスヌーピーとウッドストック、いかがだったでしょうか?
今後も基本ブロックを使った積分モデルを意欲的にプロデュースしていきたいと思っていますので
みなさんも応援してくださいね(^^)
なお次回は日本のキャラクターに挑戦しようと思っています。



may the imagination be with you...........
1999, 2000, 2001, 2002, Masayuki Ogura all rights reserved
contact