Go to BUILD WELL !! may the imagination be with you...........
s s s s LEGO as American toy
lego

まさにアメリカン!LLCの大統領

誰でもそうだと思うんですが、中高生のころになるとレゴへの
興味を失いましたよね?まあ今中高生の方々には当てはまらないんですが(笑)

その後、みなさんがレゴに本格的に復帰してからネットで検索して、何かレゴに
対する印象が大きく変わりませんでしたか?

思っているんだけど、それが何なのかイマイチ分からない。
なんか曖昧な雰囲気の中、レゴってこんな感じだったかなあ?って
思うことがワタシにはありました。
レゴの持つ存在感というか、重さ、そして空気。
一番感じたのは、昔夢中になって朝から晩までイジリ倒したあの
レゴのもつニオイが、最近のレゴからは全く感じられないことなんですよね。
それが何なのかずっと不可解でしたが、最近になって
自分なりにこれが原因じゃないか?って思うことがあるんですよ。

それはレゴがデンマークの香りを完全に失ってることなんです。

ヘイ!brickbayはアメリカ産ダゼ。輸出お断り!(笑) デンマークには本社があるだけだねぇ 日本人?売らないよ!黙って見てなさい

ネットでレゴサイトを運営してからもうすぐ3年を迎えようとしてますが、
実は今まで一度もデンマーク語のお世話になっておりません。
というよりも、LEGO.COM自体が完全な英語で、しかもサーバーは
ニューヨークにありますからもうこれは完全にメイドインUSAなわけです(笑)

そして我々が普段入手するレゴ関連の情報ソースも全てLugnetから
来るわけで、こちらもメイドインUSA(笑)

んでもって極めつけは新製品や魅力的な製品、それらが現在は
殆どアメリカ工場で作られてるという事実です。
もう完全にブロックまでメイドインUSA(^^;

コミュニケーション、情報、商品、etc・・・・・・・
どこを向いたって、いまやLEGOと名の付くシロモノは全て
アメリカの香りで充満しています。
もちろんそれはレゴの商品展開そのものにも色濃く影響を
落としていて、やたらと強いキャラクター色なんかを考えると
もはやレゴはデンマーク生まれ、なんて思えないですよね?(^^;


車を飛ばしてフリーウェイを駆け抜けてたどり着く先はWal-Martや
K-mart、そしてToys-R-Usです。そこには壁一面にレゴが売っていて、
アメリカ人の、アメリカ人による、アメリカ人のための、アメリカンBuleTub!どうだ文句あるか!
こんなのが2,000円程度で売られているんです。
なるほど、ここにはデンマークの香りは微塵もないですなあ(^^;



may the imagination be with you...........
1999, 2000, 2001, 2002, Masayuki Ogura all rights reserved
contact